No comments
2019-09-14
Share:

前回は、卵・乳製品不使用、グルテンフリーのケーキレシピをご紹介しましたが、今回はその続編として、3種類のパイ・タルトと3種類のクッキーの作り方をご紹介します。


前回と同様に、どれも、卵・乳製品不使用、グルテンフリーなのはもちろん、砂糖・油控えめでヘルシー、美味しい夢のようなお菓子になっています。

基本のパイ・タルト生地

材料(18cmタルト型1個分)
A:
*てんさい糖大さじ2
*こめ油大さじ3
*植物性ミルク大さじ2
B:
*コーンスターチ25グラム
米粉35グラム
おからパウダー25グラム
*アーモンドプードル25グラム

作り方
1.Aを合わせ、よく混ぜ合わせて乳化させる。
2.1にBを加え、ゴムべらなどで生地がそぼろ状になるように切るように混ぜ合わせる。
3.生地を3分の1ほど分け、3分の2をタルト型またはパイ皿の底に広げるようにして入れ、手で押し固める。
4.残りの3分の1の生地で側面を同じように押し固める。
5.フォークで全体的に穴をあけ、180℃に予熱したオーブンで10分焼き、フィリングを準備する。

パンプキンパイ

かぼちゃは皮を剥き、種を取り除き、適当な大きさに切った状態で400グラムほど用意します。蒸し器または電子レンジで柔らかくなるまで蒸し上げたら、植物性ミルク200ml、コーンスターチ大さじ2、濃縮甘酒大さじ3、塩ひとつまみ、シナモンパウダー小さじ1/2、クローブ1個、ジンジャーパウダー小さじ1/8、ナツメグ小さじ1/8を加え、なめらかになるまでブレンダーにかけます。

焼きあがったパイ生地にフィリングを流し入れ、表面をならしたら、180℃のオーブンで40分焼きます。常温または冷蔵庫で数時間冷まして、フィリングが固まったら完成です。

サクサクの生地にクリーミーでスパイシーなパンプキンフィリングがアメリカのお母さんの味を思い出させてくれます。そのままでも美味しいですが、前回ご紹介したココナツホイップクリームとよく合いますよ。是非お試しください。

梨のアーモンドクリームタルト

皮を剥き適当な大きさに切った梨は、柔らかくなるまで少量のお水で蒸し煮にしておきます。

アーモンドクリームは、生のアーモンド1/4カップと生のカシューナッツ1/4カップを一晩浸水させ、植物性ミルク200ml、濃縮甘酒大さじ4、コーンスターチ大さじ2、こめ油大さじ2、アーモンドプードル10グラム、ラム酒小さじ1とともに、なめらかになるまでブレンダーにかけます。

焼いておいた基本のパイ・タルト生地にフィリングを8分目ほどまで流し入れ、上に梨を並べていきます。180℃のオーブンで40分焼き、常温または冷蔵庫で数時間冷まして、フィリングを固めます。

梨は砂糖を加えず自然の甘さのみ。ラムとアーモンドの香りが絶妙なアーモンドクリームと合わせると、大人な味わいのタルトになります。梨の他に、洋梨、もも、りんご、いちじくなど旬のフルーツでお楽しみください。

レモンタルト

生のカシューナッツ1/4カップは一晩水に浸水させておきます。植物性ミルク200ml、濃縮甘酒大さじ4、コーンスターチ大さじ2、こめ油大さじ2、防カビ剤不使用のレモン2個分の絞り汁約50mlと皮をすりおろたもの約大さじ2、ターメリック小さじ1/8を合わせ、なめらかになるまでブレンダーにかけます。

焼いておいた基本のパイ・タルト生地にフィリングを流し入れ、180℃のオーブンで40分焼き、常温または冷蔵庫で数時間冷まして、フィリングを固めます。

爽やかなレモンの香りが残暑の暑さを吹き飛ばしてくれます。甘さ控えめでレモンの酸味をきかせていますので、お好みでレモン汁の量を調整してみてください。

さくさくクッキー

米粉50グラム、コーンスターチ25グラム、アーモンドプードル25グラムを合わせておきます。

てんさい糖大さじ2、植物性ミルク大さじ2、こめ油大さじ2を合わせ、よく混ぜ合わせます。

合わせておいた粉の材料をふるいにかけ加え、塩ひとつまみを加えたら、ゴムべらなどで生地がそぼろ状になるように切るように混ぜ合わせます。ひとまとめにして、保存袋に入れ、四角い棒状に成形したら、冷蔵庫で30分以上冷やし固めます。

冷やし固めた生地を1センチほどの厚さに切り、側面にてんさい糖をつけます。160℃に予熱したオーブンで10分、温度を180℃に上げて13分焼けばできあがり。

粉以外の材料を合わせた後に、ビーツの粉小さじ2または抹茶小さじ2を加えて、あとはプレーン生地と同じく粉の材料を加え、成形して焼けば、レッドとグリーンのクッキーになります。

ビターチョコクッキーにするには、粉の材料の配分を少し変えて、米粉30グラム、コーンスターチ25グラム、アーモンドプードル25グラム、無糖ココアパウダー20グラムにして作ります。

カラフルなさくさくクッキーは見た目にも美しく、お茶会の手土産にもぴったりですね。

しっとりジャムクッキー

濃縮甘酒大さじ2、植物性ヨーグルト大さじ3、こめ油大さじ2、植物性ミルク大さじ1.5を合わせ、よく混ぜ合わせます。

コーンスターチ25グラム、米粉50グラム、おからパウダー25グラムを加えて、ゴムべらなどで生地がそぼろ状になるように切るように混ぜ合わせます。

ピンポン玉ほどの大きさに生地をまとめたら、ベーキングシートの上に真ん中をくぼませて成形します。お好みのジャムをトッピングし、180℃に予熱したオーブンで18分焼き、常温で十分に冷まします。

ボウル一つで簡単にぱっとできる、おやつにぴったりのクッキー。生地はジャムの甘さを考えて甘さ控えめになっていますので、ジャムを使わず、ナッツなどを混ぜる場合は、甘酒の量を調整するか、メープルシロップなどを足してみてください。

オートミールレーズンクッキー

アーモンドバターまたはピーナッツバター大さじ2、濃縮甘酒大さじ3、植物性ミルク大さじ2を合わせ、よく混ぜ合わせます。

オーツ麦50グラム、アーモンドプードル50グラム、塩ひとつまみを加え、混ぜ合わせたら、レーズン大さじ2を加え、混ぜ合わせます。ベーキングシートの上に成形し、180℃に予熱したオーブンで15分焼き、常温で十分に冷まします。

甘さ控えめで、程よいしっとり感のグラノラバーのような味わいのクッキーなので、朝食にもおすすめです。シナモンやナッツを加えたり、レーズンの代わりにチョコレートチップにしたり、お好みのオートミールクッキーに仕上げてみてくださいね。

You Might Also Like

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。