No comments
2019-08-11
Share:

[English follows]日本で一杯のコーヒーを買うと考えさせられてしまいます。

普段はマイマグを持参するのですが、たまたま持っていない時に時間を潰す必要があり、近くにあったカフェチェーンへ。コーヒーを店内用のマグカップ入れてほしいと頼み、かしこまりましたと言われて待っていると、出てきたのは紙カップにプラスチックのふたがついたテイクアウト用コーヒー。店内用のマグカップを頼んだのですが、と言うと、店内用のマグカップはありませんと返されました。

別の日、その時もマイマグを持っておらず、またまた時間を潰す必要があったので、カフェが併設されたベーカリーチェーンへ。今回は、店内用のマグカップが置いてあることを確認してレジの列に並び、前回と同じように、コーヒーを店内用のマグカップに入れてほしいと頼みました。すると、今はたまたま洗ってあるマグがあるけれど通常は紙カップなのでそこを間違えないでほしいと大分強い口調で返されました。

そして、また別の日。カフェチェーンに入り、三度目の正直で今回はちゃんとマイマグを持参し、コーヒーをこれに入れてほしいと頼みました。すると私は見てしまったのです。店員さんが紙カップにコーヒーを入れ、それをマイマグに入れているのを…

使い捨ての紙カップはそのまま燃やすごみになります。なので私は店内用のマグカップまたはマイマグにコーヒーを入れてもらいたいと思うのですが、そんな私の思いはどうやら全く通じていないようです。

以前、大手のインターナショナルなコーヒーチェーンに旦那さんと行った時も何回か同じようなことがあり、その度に旦那さんは、「これはエコのためにやっているんですよ!」と店員さんに指導しようとしていましたが、店員さんはぽかんとして、正に暖簾に腕押しでした。コーヒーの入れ方やレジの使い方は教育されていても、エコ対策は教育の中には含まれていないようです。

最近では、スーパーのレジで袋が必要かと聞かれるようになりましたが、大前提となるエコの理解と意識は残念ながらありません。袋はいりませんと伝え、ご協力ありがとうございます、と言ったそばから、しっかり見ていないと野菜を小さなビニール袋に入れ、瓶を発砲ネットなどで包んでしまいます。

また、今流行りのサラダ専門店は、ヴィーガンの方もよく行くと思いますし、インスタ映えすると行く方も多いと思います。しかし、そこで出てくるのは、イートインでもプラスチックの容器に入りプラスチックの袋に入ったプラスチックのフォーク、飲み物用のプラスチックのカップ、プラスチックの袋にはいったウェットティッシュです。野菜自体は体には優しいかもしれませんが、一皿のサラダをサーブするために行われる環境破壊を考えた時、そのサラダは本当にインスタ映えするでしょうか。

地球温暖化がいかに深刻でリアルな問題かは、この過酷な夏の暑さで分かるはずですが、個人個人の意識、ビジネス側の意識は、残念ながらまだまだありません。日本も徐々に変わっていくとは思いますが、ビジネスや政府主導で消費者が従うという形だと、根本的な意識はなかなか芽生えないのではと思ったりもします。

まずは、環境に優しい一杯のコーヒー運動、明日から始めてみませんか?

Buying a cup of coffee in Japan for me isn’t as easy as it seems.

I usually bring my own tumbler to get coffee but that particular day, I didn’t have one and had to kill some time at a cafe. I asked the lady politely to put the coffee in an eat-in mug and she said sure. And when my coffee came out, it was in a take-away paper cup with a plastic lid on. I told her that I specifically asked for a real mug, and she said they don’t have real mugs.

On a different day, I again forgot to bring my tumbler and had to kill some time at a bakery cafe. Before ordering though, I checked and spotted mugs on the shelf and asked politely for a cup of coffee in a real mug, like last time. This time, the lady told me in a pretty aggressive tone that they have some washed mugs now they normally only serve in paper cups.

Yet another day, I finally remembered to bring my tumbler to a cafe and asked for my coffee to be filled in my tumbler. Then I saw the barista putting coffee in a paper cup then putting it in my tumbler…

Disposable paper cups become “burnable” waste in Japan and get burnt without having the chance to be composted or recycled, so I want my coffee served in a real mug or my tumbler, but no one seems to understand why I’m doing this.

In the past, I was faced with very similar issues at a global-brand coffee shop with my husband several times, and each time, my husband tried to tell the baristas that we were doing it for the environment but they just looked confused. The people who work at cafes may have been educated how to make coffee and how to use the cashier machine, but reducing impact on the environment obviously is not part of their training.

Recently, they started asking if you need a plastic bag when you check out at supermarkets, but the understanding and awareness for the environment is just not there. Every time I get asked the question, I say no and the cashier thanks me for my cooperation then proceed to putting vegetables in smaller plastic bags and wrapping bottles with bubbles.

We also now see a lot of fashionable specialty salad shops, which seem vegan friendly and a lot of people go for #beautifulsalad or #healthysalad. And what do they serve you? Salad in a plastic bowl (even for eat-ins) with a plastic fork in a plastic bag, plastic cup for the drink and wet tissue wrapped in plastic. Vegetables may be good for the body, but if you think about the destruction of the environment that is being caused to serve that bowl of salad, can you really say that it’s beautiful or healthy?

Anyone who has been experiencing the crazy heat this summer should understand how serious and real of an issue global warming is. However, awareness is still not present on neither the consumer side nor the business side. Japan will start to change too, hopefully soon, but if the changes are driven by businesses or the government and the consumers just follow, I’m afraid that most of the people will not really understand the underlying issues behind the actions wanted or required.

Why don’t we all just start taking an action tomorrow by asking for a cup of coffee that’s friendly to the environment?

You Might Also Like

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。