2 comments
2019-11-02
Share:

今が旬のりんごを使って作ったデザートをシェアします。


シンプルな蒸しりんご

たくさんりんごが手に入ったら、いつも真っ先に作るのが、シンプルな蒸しりんご。

作り方はとても簡単。まず、小さめのりんご2個を四分の一に切り、芯を切り取り、皮を剥きます。お鍋に入れて、シナモン小さじ1/4とお水を1/2カップ入れ、あとは、ふたをして10~15分、りんごが柔らかくなるまで弱火で蒸し煮にするだけ。

お砂糖を全く使っていないですが、りんごそのものの甘みで、そのままヘルシーなおやつやデザートになります。
アイスクリームを添えたり、グラノーラをトッピングしてアップルクランブル風にしてもいいですし、そのままフードプロセッサーにかければアップルソースになりますよ。

今回は、こちらの蒸しりんごを冷凍して、りんごのアイスクリームを作りたいと思います。

ベースとなるココナッツミルクは2カップを濃縮甘酒大さじ4と合わせて、ブレンダーにかけたら、製氷皿に入れて凍らせます。

凍った蒸しりんご1個分とココナッツミルク2カップ分にアーモンドミルク1/2カップを加え、Vitamixなどのハイスピードブレンダーに、段々とパワーを上げてなめらかになるまでかけます。

再び冷凍庫に2~3時間置き、ちょうどいい固さになるまで凍らせていきます。

砂糖を全く使っていませんが、甘酒とりんごの自然な甘さがクリーミーなココナッツミルクとマッチしてとても美味しいですよ。

ふわふわしっとりアップルケーキ(グルテンフリー)

りんご1/4個をすりおろしたもの(約50ml)に、豆乳50ml、てんさい糖大さじ2、植物性ヨーグルト大さじ3、塩ひとつまみを加え、よく混ぜ合わせます。

湯煎して人肌程度まで温めたら、粉豆腐40グラムを加えて、混ぜ合わせます。
そのまま10分ほど置いて、ふやかします。

その間に、米粉45グラム、アーモンドプードル25グラム、コーンスターチ20グラムを合わせて、ふるいにかけます。ベーキングパウダー小さじ1と重曹小さじ1/2を加えて、よく混ぜ合わせます。

ふやかしておいた生地を加えて、こめ油大さじ2、豆乳50ml、リンゴ酢大さじ1、シナモン小さじ1/4を加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

15センチのケーキ型に生地を流し入れたら、薄くスライスしたりんごを上に並べていきます。砂糖大さじ1/2とシナモン小さじ1/8を合わせたものをトッピングし、180℃に予熱したオーブンで35分焼きます。

りんごが柔らか過ぎずほどよくベイクされていて、ふわふわしっとりなケーキ生地ととても合います。毎日でも食べたい秋のおやつです。

アップルプディングケーキ

生のカシューナッツ1/2カップは一晩浸水させておきます。干しレーズン30グラムは、ラム酒大さじ1 1/2に数時間漬け込んでおきます。

浸水させた生のカシューナッツ、アーモンドミルク1カップ、レーズンを漬けていたラム酒、コーンスターチ大さじ2、濃縮甘酒大さじ3、ターメリック小さじ1/8を合わせ、滑らかになるまでブレンダーにかけます。

16x16cmの耐熱皿にスライスしたりんごとラム酒に漬けておいたレーズンを交互に敷き詰めていきます。耐熱皿いっぱいになったら、すき間から、プディングの生地を流し入れていきます。

190℃に予熱したオーブンへ。上のりんごが茶色く色づいてきたら、アルミホイルを全体にかぶせます。40分焼き、常温で生地が固まるまで数時間置きます。

卵がクリームが入っていないとは思えない、クリーミーで満足感のあるプディングケーキ。このままでも美味しいですが、お好みでメープルシロップやカラメルソースをたらすとより一層美味しくなります。手がかかってそうですが、とても簡単にできるので、ホームパーティーのデザートとしても活躍してくれそうです。

アメリカンアップルパイ

まずは、パイ生地作りから。米粉55グラム、おからパウダー20グラム、コーンスターチ25グラム、固形のココナッツオイル大さじ3をフードプロセッサーに合わせ、冷水を大さじ1ずつ加え、生地がまとまるまでパルスしていきます。今回は大さじ5加えました。生地を一つにまとめ、冷蔵庫で20分ほど置きます。

その間に、フィリング用のりんごをスライスします。スライスしたりんご3カップに、シナモン小さじ1/4、てんさい糖大さじ2、こめ油小さじ1、リンゴ酢またはレモン汁小さじ1、塩ひとつまみを加えて、よく混ぜ合わせます。

冷やしておいた生地をオーブンシートの上に置き、オーブンシートをかぶせ、麺棒で伸ばしていきます。 生地が崩れやすいので、繋げるようにして伸ばします。

18センチのタルト型に生地をのせますが、崩れてしまったので、継ぎ合せるように補修します。りんごを入れ、本当は、もう一つ用意しておいた生地をかぶせたかったのですが、綺麗に伸ばせなかったため、木の葉型に切ってのせてみました。

180℃に予熱したオーブンで35分焼き、アルミホイルを全体にかぶせ、さらに10分焼きます。

りんごとシナモンのとってもいい香りがお伝えできないのが残念です。りんごから出たジュースがジャムのようになり柔らかいりんごを包んでくれています。生地は少し扱いずらく焼き上がりで端が少し固くなってしまったので、またレシピを改良して挑戦したいと思います。

焼きりんご

りんごのデザートづくしだった一週間。 りんごを食べると何だか、ほっと、懐かしい気持ちになるのは私だけでしょうか。子供のころ、母が夜ご飯の後にりんごをよく剥いてくれたことや、風邪を引いた時にすりおろしたりんごを食べさせてくれたのを思い出すからかもしれません。

時が経って、今度は私がいろいろなりんご料理をご馳走する番になりました。

焼きりんごは、芯をくりぬき、ココナツオイル、てんさい糖、シナモンを入れて、タジン鍋でじっくり焼きます。

手の込んだデザートもいいですが、大切な家族といただくシンプルなデザートが一番心を満たしてくれるような気がします。みなさまも、大切な人と、心温まるデザートタイムをお過ごしください。

You Might Also Like

by
    • まめ
    • 2019-11-09
    返信

    元々はtokyo veg life さんの考え方や野菜やフルーツ、ハーブをたっぷり使ったレシピを参考にしたく拝見しておりました。しかしtokyo veg life さんの動画ををきっかけに動物倫理や環境倫理について調べたり考える機会が増え最近はヴィーガンと呼ばれるような生活を送っています。
    tokyo veg life さんの動画をきっかけに卵や乳製品はもちろん、ちょっとしたドレッシングにも動物性の出汁が使われていたり、カゴバッグのワンポイントでレザーが使われていたりと、かなり多い割合で様々な商品に動物性のものが使われていることをあらためて実感しました。
    ヴィーガンになろうかなと考え始めた時、tokyo veg life さんはもちろん他にも大勢の方がアニマルフリーで楽しく生活を営んでいたり、情報を発信してくださったりしていたためあまり不安や名残惜しさと言うものを感じずに始められました。実際に生活を変えてからも満たされないなと言う感覚は無く、自分が身につけるものや身体に入れるものをよく吟味したり、手作りしてみたりと心にゆとりが生まれました。ありがとうございます🥰いつかオフラインのイベントにもお伺いしたいなと思っております…

      • TOKYO VEG LIFE
      • 2019-11-15
      返信

      ありがとうございます!TVLの動画が生活や考え方を見つめ直すきっかけになって嬉しいです。
      オフラインイベントでお会いできるのを楽しみにしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。