No comments
2018-07-09
Share:

さくさくのビーガン・ポテトコロッケ。電子レンジオーブンのみで作る簡単レシピです。

コロッケの定番といえば、ポテトコロッケ。そのほとんどに合い挽き肉が入っていますが、今回はひよこ豆を入れて歯ごたえのある食感のビーガン・コロッケにしています。大豆の水煮でも大丈夫ですが、和食生活をしていると大豆製品の登場比率が非常に高く、違う種類のお豆も食べたいな、ということで、今回はひよこ豆です!

  • じゃがいも(中)…3個
  • ひよこ豆(缶または乾燥から煮たもの)…1/2カップ
  • 玉ねぎ(小)…1個(または中の半分)
  • オリーブオイル…適量
  • コリアンダーパウダー…適量
  • クーミンパウダー…適量
  • 塩コショウ…適量
  • 小麦粉、米粉、またはでん粉(片栗粉など)…適量
  • パン粉…適量

まずはマッシュポテト作りから。じゃがいもを均一に熱が通るように、4分の1にカットし、電子レンジ(500W)で5分ほど柔らかくなるまで加熱する。マッシャーなどを使い、つぶす。

マッシュポテトにひよこ豆を加え、マッシャーなどでつぶす。歯ごたえを残したいので、あまり細かくマッシュするのではなく、粗くつぶす程度にする。

みじん切りにした玉ねぎを、オリーブオイルと塩とともに、電子レンジ(500W)で2分ほど加熱する。玉ねぎのしゃきしゃき感を残したい場合は、生のまま、または半生でも。ポテトとひよこ豆に加える。

コリアンダーパウダー、クーミンパウダー、塩こしょうを加え、よく混ぜる。今回は、ひよこ豆と相性がいいエスニック風のスパイスを加えています。

前回、高野豆腐カツを作った際には、卵の代わりにとろろを使ったのですが、今回はさらに近道し(笑)、水で溶いた米粉(小麦粉でもOK)を使っています。ちゃんとパン粉が付くかな?と思ったのですが、全然問題なくできました。衣をつけはじめてから、米粉が足りないことに気付き(汗)、途中から水溶きでん粉で挑戦しましたが、こちらもOKでした。(水溶きでん粉の方が、もう少し粘り気があるので、水溶き米粉よりはつけにくかったです。)

あとは、「揚げない」コロッケなので、耐熱皿に並べ、オリーブオイルを上から垂らすだけ。220度のオーブンで10~15分、ほどよい焦げ目がつくまで、加熱します。

外はさくさく、中はほくほくで、ついついもう1個と手が伸びてしまいます。冷めても美味しいので、サンドイッチもいいですね!

動画では、フライパン(使っているのは玉子焼き器ですが…)をつかった揚げ焼きも紹介しています。揚げ焼きの方がさくさく感はあるのですが、パン粉がプレスされてしまうので、ふわっとしたさくさくというよりは、かりっとしたさくさくになりました。お好みで食べ比べてみてくださいね。

You Might Also Like

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。