No comments
2019-06-15
Share:

[English follows] 今週、「元気になるスムージー生活のヒントとレシピ5選」という動画を配信したのですが、いただいた2つの対照的なコメントが印象に残りました。

一つは、もう少し味の解説をしてほしい、というリクエストコメント。どんな味か想像しにくく、作ってみて自分にあまりにも馴染みのない味だったらどうしようと思うから、とのこと。

もう一つは、最近ブレンダーを手に入れた方で、新たま、にんにく、アロエで作ったらやられた、でも、なんでもやることが大切、というものでした。

私は、料理動画を作っているくせに、味に関しては、ああだこうだと言うのはあまり好きではありません。なので、テレビの料理番組であるようなできあがったお料理を食べて、感想を言うということもあえてしていません。

というのも、人間は想像する生き物、想像しなくなったら創造できなくなる、と思うからです。

あまり身近ではない食材や、普段組み合わせないような食材をお料理にしたら、どんな味になるのか?私は考えただけで、わくわくしてしまいます。そして、いろいろ試してみます。

もちろん、毎回、トライするお料理が美味しく出来上がるわけではありません。う~ん、これは失敗だったかな?と思うことも多々あります。

でも、新たま、にんにく、アロエでスムージーを作って失敗してしまった方(このコンビはなかなか勇気がいりますよ!その勇気だけでも称賛に値すると思います!)のように、なんでもやることが大切と考えます。

失敗しなければ、どうやって私たちは、新しいことにチャレンジし、学び、そして進化していけるでしょうか。

「これはこういう味です」「では、作ります」

これでは、他人の用意してくれたレールに乗っかって、ただただ生きているのと同じではないでしょうか。

たかが料理、されど料理。

スムージーの一杯くらい失敗しても、金銭的にも、精神的・肉体的にも、大したダメージはないでしょう。でも、それで、明日の自分の身体を築き上げていく「食生活」という、生きていく中で一番重要と言ってもいいことについて学べるのであれば、こんなにリターンが大きい失敗はありません。

転職に失敗したら、事業の立ち上げに失敗したら、スムージー一杯の失敗とは比べものにならないほどのダメージがあるでしょう。

キッチンは、許される範囲の失敗を日々繰り返し、大きく、大きく成長していける場所です。

「お料理は得意ではないから」「お料理を作る時間がないから」

そう言わずに、是非もっとキッチンで過ごす時間を増やしてください。自分のために、作ったものを一緒に食べる家族のために、失敗しながら、想像力を養い、創造する力をつけてください。

キッチンという小さな実験室で成功することができれば、大きな外の世界でも、きっと成功できるはずです。

This week, I released a video titled “Smoothie Life Hacks & 5 Recipes” and received two comments that got me thinking.

One was a comment requesting more explanation and description on the taste. The person commented that it’s hard to imagine what the smoothies would taste like and was afraid of making a smoothie that he/she wouldn’t like.

The other comment was from someone who recently bought a blender. He commented that he made smoothie with onion, garlic and aloe, and it turned out to be a disaster but that it’s important to try anyway.

To be honest, I make cooking videos but I’m not a big fan of talking about what foods taste like. So I intentionally don’t put in scenes where I eat the food I make and comment on the taste like you would see on a cooking show on the TV.

That’s because I believe that humans are creatures capable of imagining things and if we stop imagining, we stop creating.

What would the food taste like with an ingredient or a combination of ingredients that is foreign to me? Just thinking about it makes me excited, and I just try cooking.

Of course, I’m not successful every time. Sometimes, the food I make doesn’t turn out very well.

But I think, just like the person who made the smoothie with onion, galic and aloe (This combination takes a lot of courage to make! That courage alone deserves a round of applause, I think!) said, it’s important to try anyway.

If we don’t fail, how do we bring ourselves to new challenges, learn and then evolve?

“This is what it tastes like.” “Sounds good. I’ll make it.”

Isn’t that the same thing as getting on a rail that someone laid out for you and just live walking on that rail?

Cooking is just cooking. But it’s a lot more than just cooking.

Even if you make a mistake with a glass of smoothie, it won’t give you that much damage economically, mentally or physically. If you could learn something about “food” which will shape your body tomorrow and forward, arguably the most important thing in life, isn’t that such a small price to pay?

If you fail on switching jobs or starting a business, the damage will be incomparable to that of a glass of a bad smoothie.

Kitchen is where you can make forgivable mistakes everyday and grow so, so much as a person.

“I’m not good at cooking.” “I don’t have time for cooking.”

Before you go that route, spend more time in the kitchen. For yourself and for your family who will eat the food that you make, make lots of mistakes, cultivate the power to imagine and realize the potential to create.

If you can succeed in a small laboratory called kitchen, you will surely succeed in the bigger world out there called life.

You Might Also Like

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。