One comment
2019-06-22
Share:

[English follows] みなさんは、ヴィーガンと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか。

私は、「ヴィーガン」という言葉を知ったのはいつのことだったのか思い出せないのですが、初めて出会った「ベジタリアン」は中学校の先生。そして、留学した高校では、同じ寮に住む同級生でもベジタリアンがいました。

その当時、高校の寮の食堂にベジタリアン対応メニューなんてアメリカでもありませんでしたし、いつもサラダを食べて、実家から大豆製品やベジタリアンスナックを送ってもらったりしているのを見て、何だか窮屈な生き方だなあ、好きに何でも食べられないなんて可哀想だな、と思ったのを覚えています。

でも、その彼女がどうしてベジタリアンだったのか。宗教上の理由か、動物愛護の精神からなのか、単純にそう育ったからなのか、とうとう理由は分かりませんでした。彼女が自分からその理由を語ることはありませんでしたし、私も理由を聞いたりしなかったのです。

そこから早送りして今では、「ベジタリアン」はもちろん、「ヴィーガン」という言葉も世間一般で広く知られるようになりました。そして、私にとっての一番の驚きは、縁遠い世界と思っていた私自身がヴィーガンになる一歩を踏み出したことです。

ヴィーガンと聞くと、動物を殺すのに反対する考え方、と思う方がとても多いですが、ヴィーガン自体は「考え方」ではありません。ヴィーガンの定義は、動物性食材・製品を消費しない人。なぜヴィーガンになり、ヴィーガンであり続けるのか、きっかけは様々ですし、理由が変わっていくこともよくあります。

また、ヴィーガンと聞くと、動物を殺すのに反対する考え方を強要しようとする人、と思う方も残念ながら多いのが現実のようです。

なぜそういったイメージが定着してしまったのか。私自身、ヴィーガンやベジタリアンに何か考え方を強要されそうになった経験は一度もないのですが、にも関わらず、ヴィーガンになる前は、そういったイメージを少なからず持っていたと思います。

それは、自分の考え方や生き方を否定されると感じる方が多いからではないでしょうか。

人は皆、それぞれ考え方があり、生き方があります。誰一人として全く同じ考え方の人はいません。私の考え方が正しいと主張した瞬間に、意図していなくても、相手の考え方は正しくない、つまり間違っていると主張しているのと同じことになってしまいます。そうして人は、戦争や争いを繰り返し続けています。

TVLでは幸い、他のヴィーガンのチャンネルであるような、ヴィーガンvsアンチヴィーガンのようなコメント合戦は起こったことがありませんが、彼らは、お互いが自分が正しいと思っているので、延々とお互いを傷つけ続けます。

素晴らしい考え方、生き方をより多くの人に知ってもらいたい、実践してみてもらいたいと思ったら、方法は一つだけ。ポジティブな感情に働きかけることです。否の感情は、ネガティブな感情と結果しか生まないからです。

人は誰でも、美味しい食べ物を食べて幸せを感じます。そして、人に優しくしてもらい、人に優しくすることで幸せを感じます。

私は、植物の自然な味わい、風味、香りに魅了されて、その素晴らしさを美味しいお料理で伝えていければと思っています。そして、人や動物だけではなく、植物を含めて、私を生かしてくれている全ての命に優しくあれる人になりたい。

あなたがもし、あの人は私の考えを理解してくれない、否定してくる、と感じることがあったら、お互いがポジティブに感じることを考えてみてください。きっとそこに解決の糸口があるはずです。

When you hear the word “vegan,” what comes to your mind? 

I can’t remember exactly when I first learned the word “vegan” but the first vegetarian I met was a teacher in my middle school. Then I met another vegetarian, my classmate who was living in the same dorm as me in high school.

Back then even in the U.S., there was no vegetarian menu at the cafeteria in my high school, so she was always eating salad and her parents were sending her some soy products and vegetarian snacks. I thought that it was such a restricted way of living and used to feel sorry for her for not being able to eat whatever she liked.

But why was she vegetarian? For a religious reason, to protect the lives of animals or that’s just the way she was brought up…? I never found out why because she never outspokenly talked about it and I never really asked her why.

Fast forward to now, not just vegetarian but the word “vegan” has become a term so commonly known. And the most surprising thing for me is that I, who used to be at the opposite end of the world (or so I thought), decided to become vegan myself.

When people hear the word “vegan,” a lot of them think it’s a philosophy not to kill animals. However, vegan is not a “philosophy.” The definition of a vegan is someone who doesn’t consume animal-based foods or products. It really depends on the person how and why one becomes a vegan and continues to be a vegan, and the reason often changes over time.

It is also an unfortunate fact that a lot of people when they hear the word “vegan,” they think of a person who tries to force an idea to oppose animal killing on others.

How did such an image of vegan become so ingrained in people’s mind? I myself, while I never had an experience where a vegan or vegetarian tried to force his or her opinion on me, used to more or less had a similar image before becoming a vegan. 

Perhaps that’s because many people feel that their way of thinking or living is somehow rejected.

We all have different ways of thinking and living. Not a single person has exactly the same way of thinking. So once a person asserts the rightness of his or her way of thinking, he or she, whether intentionally or unintentionally, negates the other person’s way of thinking as something not correct or wrong. That’s how we have found and continue to find ourselves in wars and conflicts.  

Thankfully, on TVL, there hasn’t been any fight between vegans and anti-vegans that’s common on other channels by vegans, but there, both sides think that they are right so they just keep on hurting each other.

If you have a wonderful way of thinking and living and want to share it with a lot of people with the hope that they will take on your way of thinking, there is only one possible way – to create something positive. At the end of the day, negation creates only negative emotions and results.

We all feel happy when we eat delicious food. And we all feel happy when we are treated with kindness and we treat others with kindness.

I have been enchanted with the natural taste, flavor and aroma of plants and want to share the wonders of plants through delicious foods. And I strive to be a person who can be kind to not only to humans and animals but also to all the lives that keep me alive including plants.

If you ever feel like someone doesn’t understand or rejects your way of thinking, think of something positive that you both can feel. You should find the key to the solution there…

You Might Also Like

by
    • Tomoyuki Nago
    • 2019-06-22
    返信

    ポジティブな感情に働きかけるというやり方って素晴らしいですね。TVL さんの動画が大好きな理由の一つはそれだったんだなとあらためて感じました。
    素敵な動画、いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。